かわせみファンクラブ四街道

カワセミの成長を見守るファンクラブです。 朝カワセミを散歩がてら写真にし、昼は家庭菜園で野菜つくりが仕事の自由人が管理人です。

2016年02月

 今日は低気圧が暴れたようで撮影できなかった。
昼前のちょっとした晴れ間を見て探鳥に行くにはいったのだが
カメラをセットしているうちに飛び立ってしまった。
そんなわけでちょっと前のツグミをアップ。
彼らは間もなく北帰行。餌をたくさん食べかつシェープアップに余念がない。
ツグミs

 久しぶりに飛び込みシーンを収めた。しかし枯れすすきがブラインド。
今一全体像が見えない。しかもハンティング失敗だった。
朝はこれだけ撮って深追いせず戻る。
昼前に畑を耕しイチゴの苗床と大根の蒔き床を用意した。
疲れたので午後のカワセミ探鳥はお休み。
ハンテング失敗s

 なかなか警戒心が強く近寄ることが出来ない。
おなかの白い鳥には特に反応する。タカの仲間がそうだ。
挙句の果てはるか上空の旅客機にも強い反応を示す。
もちろん三脚をもって付きまとう怪しいおじさんにも警戒は緩めない。
空を見上げるs127

 久しぶりに庭に氷が張った。
でも日差しが強く春が確実に近づいている。
鶯のような鳴き声も聞こえるようになった。
今日はカワウに最接近できた。カワウの方も
逃げ出すタイミングを逸したらしくもじもじそわそわしていた。
それにしてもさすがという面構えです。紋次郎よろしく枯れ草を楊枝にしています。
 カワセミは小さなエビをとっていた。
カワウ正面sUP0058

 朝起きて雨戸をあけるとまさかの雪。
「カワセミに雪を重ねて」といろいろ妄想が膨らみ朝食もそこそこに飛び出す。
川の土手は陽の当たっていないところはまだ雪が残っていてカワセミ君の出番を待つ。
しかし、カワセミ君は雪面とは重なってくれない。
あきらめかけたころ思わぬ近さにカワセミ君が止まっていた。
向こうも驚いたようでしばらくにらめっこ。
おかげでドアップの写真が撮れた。
オスアップs9937

↑このページのトップヘ