かわせみファンクラブ四街道

カワセミの成長を見守るファンクラブです。 朝カワセミを散歩がてら写真にし、昼は家庭菜園で野菜つくりが仕事の自由人が管理人です。

2016年05月

 5:00過ぎに川に行き出を待った。
下流の方にいるような気もしたがなかなか姿が見られず焦っていると
近くの林の中で鳴きかわしているではないか。
 第1回の子育てを終わりにして2回目に入るのか。
樹間を探したが姿を確認できなかった。でも盛んにメスが呼んでいるようだ。
あきらめかけて帰り支度をするといつもの止まり木にやってきた。
久しぶりに飛び込みシーンを写すことが出来た。
エビのようなものをとって巣に運ぶようだった。
飛び込み浮上ts2098

 夜半からの雨が昼に上がり川に出かけた。
少し水が濁り水量も多かったがお父さんカワセミが餌をとっていた。
雛はきっと巣で待っているのだろう。
増水していてもどこかで餌をとるすべをつけなければ生きていけない。
いろいろ生きる知恵を教えていくのだろう。
昨日の雛が早く一人前になることを祈るばかり。
護岸のオスts2066

 とうとう雛を写すことが出来た。
このところ雛が巣立っていると感じていたがようやく写すことが出来た。
20回くらい連続で飛び込んでとても丁寧に水浴びしている個体が数日見られた。
巣穴で涌いた羽虫など落としているのだろう。
近づいて水浴びのアップが撮れた。
風でよろけたりしながら羽繕いしている。
しばらくモデルになってくれたのだが親鳥が心配したのか鳴きながら飛んできた。
直ぐに巣に戻ったようだ。親鳥がとどまり私が悪さしないように見張っているようであった。
おすましのひなtsよろける雛ts雛の水浴びts1990飛び立つ雛2012ts

 特許許可局と鳴いたのを今年初めて聞いた。
出を待って写そうと三脚を移動したら足元からキジのメスと雛が慌てて飛び出して行った。
先日元猟師の人と話していたら、キジは30羽くらいとったがなかなか命中しないものだと言っていた。
人がまたいでも逃げなく犬を連れていないと猟にならないということだった。
今日のキジの動きはまさにそのようであった。写真にできなかったのが残念であった。
カワセミは今日はちょっと警戒心が強くはるか上流で川エビをとっていた。
護岸のオスts2587

 今日は午前も午後もよく出てくれた。まさにファンサービスディーだ。
メスは育児疲れかとてもやつれた体になっている。
反対にオスは元気いっぱいで、餌獲りに励んでいた。
あと子供のようなやつれたオスもいるような気がする。
このところ目が離せない感じだ。
やつれたメスs飛行s2561元気なオスs

↑このページのトップヘ