かわせみファンクラブ四街道

カワセミの成長を見守るファンクラブです。 朝カワセミを散歩がてら写真にし、昼は家庭菜園で野菜つくりが仕事の自由人が管理人です。

2017年01月

 朝の観察や午後の観察では姿がなかった。
夕方の散歩でようやく姿を見た。ギャルセミだ。
今までの活動拠点を橋一つ分下流に移ったようだ。
川がすごく汚れているのが原因のような気がする。
早く雨になり増水で川がきれいになることを祈るばかり。
 今日の写真は国後島をバックにオオワシの餌争奪戦です。国後を背にオオワシのバトルsD50_0928

 暖かい南風が吹き亀が甲羅干しをする陽気となった。今日の川はカワセミは鳴き声すらなく寂しい限りでした。
代わりにノスリが良く出ていた。カラスが警戒の声を上げるとノスリが慌てて逃げているようだった。

 今日の写真は根室半島つけねの風連湖での氷下待網漁とオオワシやオジロワシをのせます。
この時期越冬のため渡ってくるオオワシに対し漁師の方がごくろうさんの意味を込めて
売り物にならない小さなカレイなどをあげるのだとか。
キャッチした魚をお腹に抱いて奪われないように離れたところに行き食べるようだ。
それをいかにも恨めしそうにのぞき込む者もいる。
氷下待網漁sD50_0318氷下漁とオオワシsD50_0335お腹をのぞき込むsD50_0422

 氷の上に咲いた霜の花。フロストフラワーというそうだが―15℃のこの時期だけの花だ。
塘路湖からカヌーに乗って釧路川本流へ。30数年前にもカヌーで遊んだところだがその時は夏だったので
まったくの別世界に立ち入った感じである。
オジロワシが3羽ほどいたりクマタカらしき鳥も見ることが出来た。
ガイドが川底に沈んでいるサケの死骸を氷の上に引き上げてオジロが舞い降りるのを待ったが
警戒しておりなかった。
 今日のカワセミは、川では姿を確認できずあきらめて家に戻る途中近くの調整池で雄のカワセミを見つけた。
直ぐに川の方角に飛んで行った。川も餌が不足しているのであちこち探しているようだ。頑張れ!!カヌーとオジロsD50_1615フロストフラワーtsD50_1599オジロupsD50_1626

 長らくブログの更新が出来ず申し訳ありませんでした。
昨日ようやく北海道旅行から帰ってまいりました。
日本のあちこちに雪を降らせた低気圧が北海道の釧路沖に4~5個集まった日
旅先の宿舎は写真のような状態になり玄関のドアをやっと開いて外に出た。この日は除雪で終わった。
旅はまずまずの天気に恵まれあちこち走り回り予定した撮影が出来た。
今後整理出来次第アップしていきます。
 2週間ぶりの地元の川は水不足ですっかり汚れてカワセミの姿もない。
散歩の人が「久しぶりだね」と声をかけてくれたので元気をもらい
移動して探すとカワセミがやっと姿を出してくれた。しかしすぐに飛んで行ったので写すことが出来なかった。

宿舎の雪sD8S_4083

 互角とはいっても敢えて判定すればやはりカラスの優勢気味ではある。
カワセミもよく飛び込んでくれたが今日はあまり餌を獲っていなかった。
シラウオのような小さいのを一つとってオドリ食いをしていた。(いつもそうです)
オオタカvsカラス飛び込み失敗1tsD50_9729飛び込み失敗2tsD50_9730小さな獲物tsD50_9740

↑このページのトップヘ