かわせみファンクラブ四街道

カワセミの成長を見守るファンクラブです。 朝カワセミを散歩がてら写真にし、昼は家庭菜園で野菜つくりが仕事の自由人が管理人です。

2017年08月

 早朝の川はうっすら霧がかかり季節が変わり出した感じがした。
カワセミの出はあまり変化がなく朝食後に出なおす。
久しぶりに雛が親のテリトリーを偵察に来たがすぐ追い返されていた。
止まり木で休んでいる親鳥が急に飛び出したので何かと思ったら後ろにイタチが来たところだった。
その後大きなカジカやヨシノボリを獲っていた。
飛び込みも撮れまずまずの一日だった。イタチtsD50_3882飛び込み1tsD50_3795飛び込み2tsD50_3796飛び込み3tsD50_3797ヨシノボリgettsD50_3862カジカgettsD50_3926

 嘴の半開きが特徴の父親カワセミもくちばしを開けヒイーヒイしているようだ。
それでもあちらは川に飛び込むことが出来るからいいね。
付き合うこちらは流れる汗も拭かずじっと構えるばかり。
何度か飛び込みヨシノボリを獲っていた。子供が出てこないのでにぎやかさがない。くちばしを開け


















浮上2浮上3浮上飛行

 稲穂が黄金色に染まりほんのり稲の香りも出てきた。
雨が降らないので田んぼも乾きコンバインがぬからず動けそうだ。稲刈りももうすぐだろう。
そうなると困っているモノたちがいそう。
 今日の川はカワセミが寄り付かづ写真をあきらめ川下の土手を歩いた。
田の畔にキジの親子が2家族もいた。そこに迷子の野兎の子供がついてい歩いていた。
キジを親とおもってついてあるいているのかな?
天敵のオオタカなどには稲の中にいれば上空からは見ることのできないしとても安全な場所だ。
しかも稲穂は食べ放題だ。キジの雛tsD50_3609子ウサギtsD50_3622子ウサギsD50_3623

 朝から快晴久しぶりだ。どんどん気温が上がっていく。
梅干し用の赤紫蘇で作ったジュースの出番が来た。
炭酸で薄めソフトアイスを浮かべるのが最高だ。こんな飲み物が合う今日の暑さ。
 カワセミは父カワセミが縄張り確保の模様。ただ餌の小魚は少し下流にでも行ったのか
100mくらい下流で姉弟が飛び込んでいる。橋の下は魚が大きくなりすぎたようだ。
今日の餌は川エビばかりだった。
腹うち飛び込みtsD50_3526エビgettsD50_3527飛び出し飛行tsD50_3528飛行tsD50_3552

 今朝の川は父カワセミが飛び回り子供たちを追いかけまわしていた。
さすが父親。餌を獲っていたが立派な魚だった。
大きすぎたのかいったん浮上したが沈み込み再度浮上を試みていた。
 雛は下流の方に行っているようでいつものところには寄り付かなかった。
水道施設の草刈りが始まったのでいつもより早めに引き上げた。縄張り争いtsD50_3414



















飛び込みtsD50_3419ハヤgettsD50_3420浮上失敗tsD50_3421勢いをつけ浮上tsD50_3422

↑このページのトップヘ