今日の個体は5月1日のと違う感じ。
下くちばしが長い父親カワセミの特徴だ。
もっと観察しないと断定はできない。
相当お腹がすいているようで私にかまわず餌を獲り食べていた。
 家の近くのツミは営巣していた。
ヒノキの枝を折り巣に運んでいた。
ツミはどの個体も同じことをするので多分巣の中の衛生上のことなのだろう。
我々がハーブを好むように針葉樹の殺菌作用を知っているのだろう。
無事育ってほしい。
下嘴長いオスtsD50_4126ヨシノボリgettsD50_4167発進tsD50_4170巣の前のオスツミsD50_4104