もっと雨が降ってほしかったがお湿り程度の雨で終わり、川は相変わらずゴミで汚れているた。
困ったもんだ。
カワセミの出がないのでゴミの壊れたポリバケツを川から釣り上げる道具を作り
釣り上げたりしてかわせみの出を待つ。
うまくいき感心していると田んぼにキジの番が現れた。
転じて目を川に向けると下流からカルガモの親子が上ってきた。
とその時そのすぐ上をかわせみが飛び越してこちらに来た。
一瞬止まり木に止まったがすぐ警戒し下流に飛び去った。
しばらくしてカルガモが橋のすぐ下にきてくれてしばらく遊んでくれた。
いろいろ役者が出てくれたのだが今一魅せられるまではいかなかった。
キジの番D50_1563

カワセミとカルガモ一家D50_1557かわせみD50_1559くつろぐカルガモ一家D50_1581